疲れやすい人はホルモンマネジメントが必要?!

 
最近疲れが取れにくいなという方やなんか体がだるいなと感じる方はいろんな原因が考えられますがもしかしたら成長ホルモンの不足かもしれません
成長ホルモンと聞くと子どもしか必要ないものと思いがちですが大人になってからも一定の割合で分泌されています成長ホルモンが不足すると心身ともに様々な症状が現れるためなくてはならないホルモンなのです

成長ホルモンが不足するとどうなる?

  • 成長ホルモンは疲労消耗した体組織の修復や再生をする働きがありますそのため成長ホルモンが不足すると疲労回復の働きが低下して疲れやすくて疲れも取れにくいという症状が現れてしまいま
  • ストレスがたまりうつ症状が出ることも成長ホルモンが不足するとストレス解消がうまくできずにどんどん溜めてしまいますストレスが溜まることで無気力やる気の低下などひどくなるとうつ状態までなってしまいます

成長ホルモンが不足する原因

  • 【年齢】:成長ホルモンは若ければ若いほど多く出ていますしかし年を取るごとにどんどん減少していき30代を過ぎると一気に減少するようです
  • 【運動不足】:運動をすると体組織が破壊されますがこれを修復するために分泌されるのが成長ホルモンですそのため運動をしなくなると成長ホルモンも分泌される必要がなくなるため成長ホルモンが減少してしまうのです
  • 【睡眠不足】:成長ホルモンが減少する原因として大きな原因となっているのが睡眠不足です眠っている間に成長ホルモンがたくさん分泌されますそのためお年寄りの方で8時間睡眠をとっている方はお肌にツヤがあったり元気な方が多いです

成長ホルモンを増やす方法

  • 【質の良い睡眠を心がける】:成長ホルモンはてる間にたくさん分泌されるので睡眠をしっかりとることが大切ですただ寝ればいいというわけでなく眠りが浅いと効果が減少してしまうため寝る1時間前にはテレビやスマホを見ないようにすると深い眠りにつけます
  • 【サプリメント】:成長ホルモンを増やすサプリメントが販売されています詳しくはアルギニンやナイアシングルタミングリシンなど様々ありますがその成分によって特徴や効果が異なるため自分の症状に合ったサプリメントを飲むとよいでしょう
  • 【適度な運動をする】:運動をすることで成長ホルモンが増えるので運動不足を感じている人は運動をした方がいいです有酸素運動や筋トレなどが効果的と言われていますが本格的な運動は難しいという方は歩くだけでも成長ホルモンは増えるようなので適度な運動はするように心がけましょう