現在の日本では様々な原因から不眠症で悩む人が増加しています。

その数は各種調査によれば、国民全体の2割にも上るといわれています。

それだけでなく、生活環境や仕事のスタイルの変化により、不眠症に悩む人の割合は年々増えています。

当記事では、ホルモンバランスを整えることで不眠を改善する方法を解説していきます。

薬による不眠症対策のデメリット

不眠症で悩む人の中には病院に行って薬を飲むといった治療を受ける人もいます。

しかし、薬による不眠症対策にはデメリットもいくつかあります。

以下で漢方薬と薬による不眠症対策のデメリットを取り上げてみました。

漢方薬のデメリット

  • 値段が高い

睡眠に効果があるとされる漢方薬の価格はおおむね、8日間分で1,500円程度となっています。

保険が効かない分、処方箋薬より価格が高い点もデメリットとなります。

また、効き目が穏やかなため、効果が実感できるまで早くても1~2週間、通常1ヶ月程度かかります。

  • 即効性がない

西洋医学に基づく睡眠薬には即効性があります。

しかし漢方の睡眠改善薬には前述の通り、即効性がないものが多いのがデメリットとなります。例えば、明日から出張の仕事があるので早く寝なければいけない、といった具合に、早急に対処しないといけない場合に不適切なこともあります。

  • 効き目が弱く副作用のリスクがある

漢方の睡眠関連薬はドラッグストアでも買える点は便利なところです。しかし、その分、処方箋薬より一般的に効き目は弱いものとなっています。また、薬なので、副作用のリスクがあります。

薬のデメリット

  • 処方の制限がある

処方箋による睡眠薬はまとめて購入することはできません。どこの病院でもおおむね、一回の診察で2週間分というケースが多くなっています。

価格的には2週間分で1,500円程度と考えておくと良いでしょう。

  • 依存症になるリスクがある

睡眠薬のデメリットとしては、まず、即効的な効果があるのは良いことですが、睡眠薬依存症になるリスクがあります。

  • 根本的な治療にはならない

また、睡眠薬は不眠症を抜本的に治療するものではなく、薬の力で無理やりに眠らせているだけです。ですから、不眠の原因を突き止めて治療しない限り、不眠症は治りません。
そのため、薬を飲まないと不眠症はすぐに再発します。

  • 病院に行って処方箋をもらわないと入手できない

また、睡眠薬は基本的に病院に行って処方箋をもらわなければいけない、というのも時間と手間がかかるのでデメリットとなります。

  • 副作用のリスクがある

そして、薬なので当然、副作用のリスクがあります。

このように、睡眠を促す薬には、いくつかのデメリットがあります。
そこで、こういうデメリットが気になる人のために、副作用の心配がない、天然の植物成分を使用した睡眠サプリが何種類も販売されています。
今回はその中で、特に注目されている3つのサプリを取り上げてみました。

注目されている3つのサプリ

①潤睡ハーブ

価格 5,980円
内容量 90粒
定期コース価格 3,990円
送料 無料
1日あたりの価格 133円
潤睡ハーブのこだわりポイント

潤睡ハーブはまず第一に、トリプトファンをはじめとする睡眠に関係するアミノ酸が豊富に含まれています。

ただし、必須アミノ酸の場合、複数の必須アミノ酸をバランスよく摂取しないと効果を発揮しません。

そのため、必須アミノ酸が豊富に含まれる健康食材、クロレラが配合されています。

こだわりの二点目としては、植物性由来の原料のみを使用しているということです。

潤睡ハーブに含まれているのは長い間にわたって人類が摂取してきたものばかりなので、化学物質と違って副作用の心配がなく、安心して飲み続けることができます。

  • アミノ酸以外の豊富な睡眠支援成分
  • 精神をリラックスさせる作用でブームになり、不眠にも効果があるとしてチョコレートなどのお菓子にも添加されているGABA
  • 中国で古来より不眠を癒やすお茶として飲み続けられてきた薬草・ラフマ
  • 沖縄で昔から不眠症に効く成分として用いられてきた植物・クワンソウ
  • 体内の循環を良くする金時生姜

これらをミックスしてできあがったのが、潤睡ハーブです。

②マインドガードDX

価格 9,075円
内容量 500ml
定期コース価格 8,170円
送料 600円(2本以上で無料)
1日あたりの価格 272円

しかし、不眠状態を改善する成分も配合されているため、眠りを良くしたい人も試してみたい健康食品です。マインドガードDXは精神の安定効果を狙った健康食品です。

配合成分の中で特に不眠状態に働きかけるのが、沖縄のクワンソウとセロトニンの原料になるトリプトファンです。

これらの作用で精神をリラックスさせ、穏やかな眠りに導いてくれます。

これら以外にも、豊富な栄養素で今注目の植物、モリンダシトリフォリアやガンなどへの効果が期待されている成分、レスベラトロールが含まれているため、全身の健康という点でも見逃せないサプリです。

③グッドナイト27000

価格 6,000円
内容量 90粒
定期コース価格 4,800円
送料 無料(条件あり)
1日あたりの価格 160円

その成分のラインナップは以下の通りです。グッドナイト27000にはこれでもか!というぐらい、古今東西で不眠に効能があるといい伝えられてきた成分が余すところなくふんだんに配合されています。

  • 玉露や抹茶など高級なお茶に含まれていて、精神安定効果で豊かな睡眠をサポートする成分・テアニン
  • 睡眠サプリによく用いられている成分・グリシン
  • お菓子などにも配合されていて、精神をリラックスさせ眠りに導く成分GABA
  • 精神を安定させるホルモン・セロトニンの材料となるトリプトファン
  • 中国で古来より飲まれてきた眠りを導く薬草・ラフマ

これらの成分を単体でそれぞれ購入するとかなりのコストがかかってしまいますが、一つのカプセルの中にすべてをまとめたグッドナイト27000ならば、コストの面でも優れたサプリということができます。

男性、女性を問わず、不眠対策として検討しておきたいサプリメントです。

女性はホルモンバランスの崩れが不眠症を招く

全般的に女性の場合、エストロゲンとプロゲステロンという二つのホルモンが分泌されています。

この二つのホルモンの分泌具合は生理の周期によって増えたり減ったりを繰り返しています。

そのために、女性の身体は微妙にしょっちゅう変化していて、精神にも影響を与えます。

結果として、ホルモンバランスが崩れて精神が不安定になり、不眠症に陥ってしまう人もいます。

ですから、不眠症の女性の場合、ホルモンバランスを整える治療を受けたり、サプリを飲むことで不眠症が改善する可能性があります。

男性・女性ともに起こる更年期障害が原因の不眠症

男性、女性ともにホルモンが原因で引き起こされる不眠症があります。

これが、更年期障害による不眠症です。

更年期に入ると男性も女性もそれまでよりホルモンの分泌量が減ってしまうことから、身体と精神に変化が生じてきます。

これが原因で体調不良を引き起こしたり、不眠症の原因となったりしてしまいます。

こちらの方も治療を受けたり、サプリを飲んでホルモンバランスを整える対策をとることで、不眠症が改善する可能性があります。

不眠症というと、一般的にはストレスが原因で引き起こされるものと思いがちです。

しかし、上記で示した通り、男性、女性ともにホルモンバランスの崩れが原因で不眠症が起こることがあります。

その場合、原因がはっきりしているので、ホルモンバランスを正常化すれば不眠症が改善する見込みがあります。

上記で示したように、天然の植物由来で副作用の心配もない不眠対策サプリメントが色々と販売されているので、睡眠のことで悩んでいる場合は一度試してみるのも良いでしょう。