年齢とともに女性ホルモンの分泌量は少なくなっていきます。


女性ホルモンの分泌量が少なくなったことで、体調の悪化や体型の維持が難しくなるなど、良くない方へ変化することがあります。

女性ホルモンを補うために、ホルモンサプリを服用してみたいけど、大丈夫?と心配になる方も多いのではないでしょうか。

ホルモンサプリの効果と副作用の事例をまとめました。

ホルモンサプリとは?

女性ホルモンの分泌量を増やしたり、女性ホルモンを補助しながらホルモンバランスを整え、体調の改善に貢献してくれるサプリメントです。

 

女性ホルモンを増やすのに効果的な成分は?

・プラセンタ

胎盤から抽出された栄養成分です。
ホルモンの分泌を調整し、ホルモンバランスを整える働きがあります。
自律神経のバランスも整える働きがあるので、更年期障害の症状緩和にも効果的です。
そのほか、疲労回復や、美肌、美白などの効果もあります。

 

・ブラックコホシュ

女性ホルモンの「エストロゲン」に似た働きをもっている、北アメリカがに生息しているキンポウゲ科の植物です。
エストロゲンに似た働きをする植物成分が含まれているので、ホルモンバランスの乱れを整える働きがあります。
そのほか、バストアップサプリとしても利用されています。

 

・大豆イソフラボン

女性ホルモンの「エストロゲン」に似た働きをもっている、フラボノイドとよばれている植物に含まれるポリフェノール成分の一種です。
不足しているエストロゲンを補う働き、過剰分泌されているエストロゲンを抑える働きがあります。
女性ホルモンの分泌量が減ったことで起こる体調不良や更年期障害の症状を緩和する働きがあります。
そのほか、女性特有の病気の発症のだけでなく、前立腺がんなどの発症のリスクを低下させる効果があります。

 

・マカ

マカは男性の精力剤、強壮剤というイメージが強いと思いますが、女性にも効果のある成分です。
マカは南米ペルーに自生している植物の一種です。
女性ホルモンの「エストロゲン」に似た働きをもっている、植物エストロゲンが含まれています。
更年期障害の症状を緩和する、妊娠しやすい身体をつくる、などの効果があります。

 

・レッドクローバー

女性ホルモンの「エストロゲン」に似た、イソフラボンを多く含むハーブです。
更年期障害の症状を緩和する、生理不順、PMSなどの月経トラブルなどに効果があります。
そのほか、気管支炎、百日咳など、呼吸器感染症の症状の緩和にも効果があるといわれています。

ホルモンサプリメントの効果は?

女性ホルモンのホルモンバランスを整えるサプリメントを飲み続けたことで、月経痛やPMSの症状が緩和された、更年期障害の症状が緩和されたなどの効果があらわれる方も多くいます。
気になる症状の緩和のほか、肌がきれいになった、寝起きがすっきりするようになったという方もいます。
効果のあらわれ方には個人差があるので、すぐに効果があらわれる人もいれば、なかなかあらわれない人もいます。
自分の体調にあったサプリメントを正しく飲んでいれば、効果は期待できます。

ホルモンサプリメントの副作用事例

ホルモンサプリメントの副作用で多いのが以下の症状です。

  • 頭痛
  • めまい
  • 吐き気
  • 下痢
  • 腹痛
  • にきびが増える
  • 発疹
  • じんましん
  • アトピー、アレルギー症状がでる
  • 生理不順
  • 月経痛がひどくなる
  • 婦人科系疾患の発症、または進行してしまう
  • 太りやすくなる

女性ホルモンは女性の体調を整えるためには必要なものですが、サプリメントの摂取量が多すぎると、ホルモンバランスが乱れて婦人科系の病気を発症するリスクが高まります。

過剰摂取にならないよう、服用量・服用法は守るようにしてください。
また、他に薬を服用している場合には、必ず医師に相談するようにしてください。