出産前の体系に戻らないのはホルモンバランスが原因?体型の戻し方

妊娠中に増えた体重がなかなか戻らない・・・と悩んでいる方がいるのではないでしょうか。

産後、体重が元の戻りにくい原因、体型の戻し方についてまとめてみました。

産後、体重が戻らない原因は?

1.ホルモンバランスの乱れ

妊娠中は女性ホルモンの「エストロゲン」「プロゲステロン」が大量に分泌されます。

大量に分泌されていた女性ホルモンは、出産すると減少していき、「プロラクチン」というホルモンの分泌量が増えていきます。

このような急激なホルモンバランスの変化で、自律神経が乱れ、痩せにくい身体になることがあります。

また、産後に女性ホルモンの「エストロゲン」の分泌量が急激に減少するために痩せにくい身体になっている可能性もあります。

エストロゲンには、食欲を抑える、内臓脂肪を分解するといった働きがあります。

エストロゲンの分泌量が低下することで、お腹周りに脂肪がつきやすく、痩せにくい身体になります。

ホルモンバランスが妊娠前の状態に戻るには1~2年かかるといわれています。

2.筋肉量の低下

妊娠中はつわり、お腹が大きくなって動きづらくなるなどの理由から、運動不足になりがちです。

運動不足から筋肉量が減少し、基礎代謝が低下し、カロリーが消費しにくくなります。出産後も基礎代謝が戻らず、痩せにくい身体になります。

3.不規則な食生活

新生児は頻繁に授乳する必要があるし、まとまった睡眠もとりません。

育児中は食事の時間が不規則になり、食べれるときにすませようと、1日に何度もちょこちょこ食べてしまうことがあります。

また、昔の人は母乳育児中のお母さんに、栄養価のあるものをたくさん食べさせようとする傾向があるため、必要以上に食べてしまうこともあります。

食事の時間が不規則になり、食べ過ぎてしまい、痩せにくい身体になっていきます。

4.骨盤のゆがみ

出産時、赤ちゃんが産道を通る際に骨盤が開きますが、開くだけではなくゆがみもでてしまいます。

開いた骨盤は3~4ヵ月かけて元に戻ろうとするのですが、姿勢が悪かったり、腰に負荷をかけすぎると、ゆがんだまま固まってしまいます。

骨盤がゆがんだことで内臓の位置が変わってしまい、皮下脂肪がつきやすくなり、痩せにくい身体になっていきます。

出産後、体型を戻すには?

1.ホルモンバランスを整える

出産で乱れてしまったホルモンバランスを整えることで、体重、体型が元に戻りやすくなります。
ホルモンバランスを整えるのに効果的なのは以下の3点です。

  • 規則正しい食生活
    栄養バランスのいい食事を1日3食きちんととるようにします。女性ホルモンに似た働きの大豆イソフラボンを積極的に摂るようにしましょう。
  • 睡眠をしっかりとる
    赤ちゃんの授乳などで、まとまった睡眠をとるのは難しいかもしれませんが、良質な睡眠をとるようにしましょう。寝る前にスマホを見るのをやめると効果的です。
  • ストレスをなくす
    ストレスをためないよう、自分の好きなことをするといいでしょう。ご主人に協力してもらって、一人で映画を観に行ったり、ショッピングにでかけるとストレス発散になります。
  • サプリメントで必要な栄養を摂取
    サプリメントで効果的にホルモンバランスを整えることができます。医師、助産師に相談し、サプリメントを摂るといいでしょう。

2.適度な運動をする

出産直後は身体の回復を優先させましょう。

産後の1ヵ月検診で、順調に回復していると診断されたら、医師と相談して運動をしてみるといいでしょう。

ヨガ、ストレッチなどの有酸素運動をすることで、筋肉量を増やすと、基礎代謝がアップします。

3.骨盤ベルトなどで、骨盤のゆがみをなおす

市販されている骨盤ベルトは、出産でゆがんでしまった骨盤をなおすのに効果的です。

妊娠中から使えるもの、出産直後から使えるものなど、様々なタイプがあります。医師、助産師に相談してから装着するといいでしょう。

骨盤ベルトを装着し、骨盤運動をすると、より効果的です。

4.母乳育児をする

母乳はお母さんの血液でできています。

授乳期は1日に600~700kcal消費するといわれています。

これは、食事1回分に相当するカロリーです。

また、母乳育児をしていると、乳腺炎などのトラブルにならないよう、甘いものを控える傾向にあります。

お母さんが食べたものをそのまま赤ちゃんが飲むので、食生活に気を使うようになるのも効果的です。