活性酸素とは

近テレビや雑誌などでも耳にする機会の増えた「活性酸素」。でもそれがどんなものかと聞かれると、良く知らない人も多いのではないでしょうか。

活性酸素は人が生きて呼吸をし、エネルギーを作り出していく中で取り込まれた酸素の一部が変化する事によって生まれます。

活性酸素は強い酸化作用を持っており、新陳代謝を促したり体内に侵入した細菌を退治する働きもあり、人にとって生きていく上でなくてはならない存在でもあります。

そんな人にとって必要不可欠とも言える存在の活性酸素ですが、同時に沢山あると害をもたらしてしまうちょっと困った存在でもあります。

活性酸素には体を酸化させる作用がある為、必要以上に体内に増加すると老化や病気の原因にもなってしまうのです。

活性酸素が体を酸化させると具体的にどんなことが起こるのでしょうか。

分かりやすく解説していきます。

活性酸素が体を酸化させると起こること

活性酸素が体の細胞を酸化する事で老化現象が起こります。

「体が錆びつく」と言う表現もある様に、細胞が酸化してしまう事で視力や骨が弱くなったり、白髪が増えたり、体力の衰えを感じる様になったりします。

また肌の細胞が衰えると、シミやシワが出来たり肌荒れしやすくなったりもします。

まさに「老化」と呼ばれる現象ですね。

この活性酸素は生活習慣や外的要因が原因で、必要以上に増えてしまう事が研究で明らかになっています。

例えばストレスや運動不足、不規則な食生活や喫煙、紫外線、農薬などの環境因子の影響でも活性酸素は増加してしまうそうです。

ではそんな活性酸素を抑制するにはどうすればいいのでしょうか。

活性酸素を抑制する方法

元々人の体には「抗酸化物質」と呼ばれる、増えすぎた活性酸素を除去してくれる成分が存在しています。

しかし加齢とともにこの抗酸化物質の量は減ってしまうので、活性酸素が増加しにくい生活を送る事が大切になってきます。

その為には規則正しい生活リズムや栄養バランスの取れた食事、ストレスをためない生活が効果的です。

また段々加齢とともに減少傾向にある抗酸化物質を食事やスキンケア商品、サプリ等で補ってあげる事が出来ます。

特に食生活の改善と同時に、手軽に取り入れる事が出来るのがサプリです。

活性酸素の働きを抑制させるためには「抗酸化成分」を含む抗酸化サプリメントが効果的です。

抗酸化物質とは

活性酸素を除去するには体内に不足しがちなビタミンを特に積極的に摂取する事が重要です。

抗酸化物質と呼ばれる物質には、ビタミンや酵素、植物栄養素と呼ばれる三つの種類が存在しています。

例えば抗酸化酵素の中に「スーパー・オキサイド・ディスムターゼ(SOD)」という体内に存在する活性酸素を除去するものがあります。

このSODと呼ばれる酵素をより多く生成する為には、銅、マンガン、セレニウム、亜鉛、鉄などの栄養素が必要不可欠です。

また「抗酸化ビタミン」と呼ばれる活性酸素を抑制し除去するビタミンも存在していますが、このビタミンは人の体で合成する事はできません。その為、常にこれらを含んでいる野菜などを摂取し続ける必要があります。

これらの抗酸化物質を体内に必要な分効率よく取り込むには、毎日大量に野菜などを食べなければなりません。しかし現代人の食生活や、野菜の栄養価から考えると難しいと言うのが現状でもあります。

そんな時に手軽に効果が期待できるのが抗酸化サプリです。

抗酸化サプリとは

抗酸化サプリを選ぶ際には不足しがちな亜鉛、鉄などは勿論ですがビタミンやミネラルなどを効率よく補ってくれるタイプの物を選ぶのがおススメです

また強力な抗酸化栄養素として知られている、茄子や苺に含まれる「アントシアニン」やカボチャ、ニンジンなどの緑黄色野菜に多く含まれる「カロテノイド」、大豆に含まれている「イソフラボン」などの強い抗酸化力をもっているものを含んでいるサプリにするのもいいでしょう。

賢くサプリを利用して、体を錆びつかせないようにしたいですね。