妊活とホルモンの関係

女性ホルモンは妊娠や出産と深い関係がありまそのため妊活中の人にとっては非常に興味のあるところです
女性ホルモンは、女性の身体のバランスを整えるために分泌される物質のことを言い、女性にとってとても大切な役割を果たしている、「卵胞ホルモン」と「黄体ホルモン」が特に有名です
卵胞ホルモンはエストロゲン黄体ホルモンはプロゲステロンと呼ばれているものでこれらが妊娠に大きく関係していますエストロゲンとプロゲステロンの役割エストロゲンは生理にも大きく関わっているホルモンです

エストロゲンとは

エストロゲンは卵子を包んでいる卵胞という袋を成熟させ受精卵が床しやすいように子宮の内膜を分厚くさせる役割があります同時に精子が子宮に入りやすいように受賞の手助けを行います
もしエストロゲンが不足すると生理不順や排卵障害といったトラブルだけでなく受精しても受精卵が床しにくいといった不妊の原因となることがあります

プロゲステロンとは

一方のプロゲステロンはエストロゲン同様に受精卵の着床を助けるとともに受精卵が床したあと胎盤が出来上がるまで受精卵に栄養を供給しやすい状態をサポートします
つまりエストロゲンは妊娠するまでプロゲステロンは妊娠したあと出産までがスムーズに行えるように手助けする役割が与えられています

女性ホルモンはサプリでも補える

このように妊活にとって非常に重要となる女性ホルモンですがその分泌量は非常に少なくそのストレスや生活習慣などの影響を受けやすくバランスを崩しやすいものだと言われています
もちろん基本はバランスのよい食事や正しい生活習慣ですがどうしても不足しがちな場合はサプリがおすすめです
妊活に有効なサプリとしてはまずビタミンEビタミンEは女性ホルモンの代謝と大きく関係していて不妊治療だけでなく更年期障害のケアなどに使用されることもあります
またビタミン6もエストロゲンの代謝をサポートすることから妊活には効果的妊娠したときにもつわりを軽減する役割もあると言われています中でも妊活に特に有効なのが葉酸です
葉酸は細胞分裂の促進に効果が期待できるうえに血液を増やす造血ビタミンとも呼ばれる栄養素血行を良くすることで卵子の老化を防ぎ子宮を妊娠しやすい状態に導いてくれます
そのため特に妊活には有効ですが食物からはなかなか取りにくいためコウノトリなどの葉酸サプリで補給するのがおすすめです

ストレスとホルモンの関係

人の身体は外部からのストレスを受ける事によってホルモンバランスの乱れを起こしてしまう場合があります
ホルモンの分泌は自立神経の働きに関係性が強くこの自立神経には交感神経副交感神経言われる2つがありこの2つの神経の働きが日中や夜間の就寝中に入れ替わったりを繰り返しながら身体の様々な機能を調整しております
ところが人の身体は多くのストレスを受けた場合にこの自立神経に様々な影響を与えてしまい交感神経と副交感神経の切り替えのバランスが崩れてしまいます
この自立神経の乱れはそのままホルモンバランスの乱れに繋がってしまい自立神経を正常な状態に整える働きを持つホルモン分泌も行われる仕組みなっておりお互いにその相乗効果がある仕組みになっています
このストレスに対抗するホルモンで皆さんも名前を聞いた事がある物としてはアドレナリンありますがこのアドレナリンは身体がストレスに対抗できるようにする為のホルモンです
アドレナリンの主な働きとしては血管の収縮や血圧の上昇気管支拡張や心拍数の増加等がありこれらはいずれもストレスから身を守る為の身体に現れる症状となっております
このストレスを受け続ける事で注意しておかなければならない事はこの抗ストレスのホルモンが分泌され続ける事にとより身体の免疫力の低下を招いてしまう事です
身体の免疫力の低下は外部からの刺激等に対して弱くなるので私達の身体の不調として現れてきます身体に現れる症状としては肌荒れや便秘や下痢等と言った症状として現れてきます

有効なストレス対策は?

これらの事から私達は日常的に受けているストレスとうまく付き合って行く事が必要になって来ますし受けてしまったストレスをうまく発散して行く事が大切です
ストレスは日常の仕事で受ける場合や出産直後の女性では育児高齢者等の介護をされてる方々も様々な角度からストレスを受けている事を認識しておく事が大切です
ではこのストレスをとうまく解消してくれる効果のある食品として挙げられるのはビタミン多く含む食材やサプリメントになって来ます
ビタミン美肌効果等が期待できる成分であるホルモンバランスの乱れに伴う肌荒れやシミ等の改善にも効果が期待できます鉄分やカルシウムマグネシウム等もホルモンバランスの改善には効果が期待できる成分となっておりこれらの成分が配合されたサプリメントがお勧めとなります