ホルモンで内側から肌質改善

人の見た目を一番左右するものと言えばお肌の美しさではないでしょうか比較的に女性は男性に比べて美意識が高く年齢を重ねてもいつまでも若く見られたいという願望があります
そのためにもお肌のケアには気を遣っている人が多いと思いますしかし肌は化粧品などの外部からのお手入れだけに限らず体内のホルモンによって大きく影響を受けていることをご存じでしょうか
美の要素とも考えられている女性ホルモンですがこれにはエストロゲンプロゲステロンという二つのホルモンが大きな影響力を持っています
ここからはこの二種類の女性ホルモンが肌にどのような影響を与えているかを説明していきます

エストロゲンによる影響

肌のハリを保ちたるみを防ぐ肌は表面から角質層表皮層真皮層三段階で構成されていますこの一番下で肌を支えている真皮層はコラーゲンとヒアルロン酸で作られておりそれらに大きく関わっているのがエストロゲンなのですエストロゲンが肌内部に働きかける事でコラーゲンとヒアルロン酸の生成を促しますそれによってハリのある肌が保たれシワやたるみの予防に役立っているのです
肌の潤いを保つ肌の一番表面にある角質層には水分を保持する力を持ったセラミドという物質がありますエストロゲンはこのセラミドを増やす作用があると考えられていますそのためエストロゲンが不足すると肌の潤いが失われ様々な肌トラブルを引き起こしてしまうのです

 プロゲステロンによる影響

肌や髪に潤いやツヤを与えるプロゲステロンは皮脂分泌を促すため肌や髪の毛に潤いやツヤを与えますしかしその一方で皮脂分泌が活発になりすぎるとニキビや吹き出物ができやすくなります
むくみやシミができやすくなるプロゲステロンは早産や流産を防ぐ妊娠のためのホルモンでもあります受精卵と母体を守るため受精卵が床した部分を柔らかくしようと体に水分を溜め込むのでむくみやすくなりますまた紫外線から細胞を守ろうとするためメラニンが増えてシミができやすくなってしまいます
以上のように女性ホルモンは肌に大きな影響を与えます特にエストロゲンは肌の美しさを左右する役割が強いため過度なダイエットや加齢などでホルモンバランスが乱れ肌や体に不調を感じるようであればサプリメントで補うことを勧めします
最近では様々な種類のサプリがドラッグストアやインターネットサイトで手軽に購入できるので自分に合った物を見つけるのも容易です

ホルモンバランスの乱れについて

生理機能に著しく影響を与えるホルモンは男性ホルモンと女性ホルモンに分類されているように性別によって違う働きをします
そのためホルモンバランスの乱れによって引き起こされる様々な症状は男性と女性では異なっているのですそこで男女それぞれの症状や原因改善方法について説明していきます

男女それぞれの原因と症状について

女性ホルモンのバランスの乱れによって引き起こされる症状
  • 月経前症候群PMS)女性ホルモンであるプロゲステロンの増加によって生理が近づくとイライラしたり憂鬱になるといった精神的な症状や腹痛や腰痛などといった体の痛みが表れます
  • 月経困難症血行不良やストレスなどでホルモンバランスが乱れると生理の時に日常の生活に支障をきたすほどの傷みを感じます
  • 月経不順ホルモンバランスの乱れによって正常な生理周期にずれが生じ生理周期が長い短いといった異常や月経時の出血が多い少ないといった異常な症状が出ます
  • 無月経通常女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンの働きによって毎月の生理がきますがホルモンの働きが乱れてしまうことが原因で月経が止まってしまうという異常状態になります
  • 自律神経失調症女性ホルモンの分泌を行う脳の部位と自律神経をコントロールする部位が近い場所にあるためお互いの乱れによって影響を受けやすくなりますそのためめまいや動悸息切れ倦怠感手足の冷え発汗のぼせなどといった症状が表れます
  • 更年期障害加齢によってエストロゲンの分泌が減少することが原因でのぼせめまい発汗動悸といった症状が表れますこれらが続くことで鬱などといった精神的な症状に発展することもあります
  • 肌荒れニキビ乾燥肌ホルモンバランスが乱れることで肌の新陳代謝が阻害されることで肌荒れを起こしたり皮脂の分泌に関わるプロゲステロンが過剰に分泌されることによってニキビや吹き出物がやすくなりますまた加齢に伴ってエストロゲンが減少することで肌のハリが失われ乾燥が目立ってきます

男性ホルモンの乱れによって引き起こされる症状

  • 薄毛症状と肌荒れ食生活の乱れによって栄養バランスが崩れたり不規則な生活習慣で睡眠不足になると男性ホルモンの量が異常に多くなり肌荒れや抜け毛の原因になります
  • 性機能障害ストレスを貯め込んでしまうことが原因でホルモンバランスが乱れ性機能障害を引き起こしてしまいます
  • 記憶力の低下過度のストレスによって自律神経がストレスホルモンを分泌しその結果ホルモンのバランに乱れが生じ集中力が欠落して記憶力の低下を招きます

ホルモンバランスの乱れの改善方法

女性ホルモンと男性ホルモンの違いによって表れる症状は男女それぞれに違いがありますが改善方法としては両方ともほぼ共通しています
  • 適度な運動適度な運動を心掛けることで自律神経を活性化させ日々のストレス発散にも効果がありますその結果ホルモンバランスを正常に戻す効果が期待できます特別にスポーツを始める必要はなく今までよりも少し長い距離を意識してウオーキングや散歩をする程度で十分です
  • 十分な睡眠をとる人によって必要な睡眠時間に違いはありますが最低5時間から7時間の睡眠をとるように心掛けましょう睡眠は疲労回復自律神経の正常維持ストレスの緩和に役立ちます
  • 食生活の乱れによって栄養が偏ってしまうと太る原因やホルモンバランスの乱れの原因になりますバランスのとれた食生活を心掛けることでそれらを改善することに役立ちます特に女性ホルモンの分泌に効果的なビタミンB6やイソフラボン血行促進に効果的なビタミンEなどを意識して摂取すると良いでしょう

以上のようにホルモンバランスが乱れることによって様々な症状が起こりますこれを改善するためには生活習慣の改善が必要になりますが無理をすることなく日常生活の中で自分に出来ることから始めてみてはいかがでしょうか